レビトラ
レビトラ
ED薬の購入方法
バリフ
バイアグラ
EDについて

レビトラの効果・副作用

ED薬とは

ED薬とは

ED薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスが有名です。各成分はそれぞれ異なっていますが、はたらきかける部分は同じです。いずれもEDの原因である酵素のホスホジエステラーゼ5通称PDE-5を弱めます。この酵素はもともと肺高血圧症の治療薬によく使われました。

詳しく理解するには、EDの仕組みを簡単に説明する必要があります。まず勃起は、男性の陰茎に密集する細かい血管がたくさん束になって集まるスポンジ状の陰茎の海綿体に血液が流れ込み、そこに溜まって大きくなった状態ことを示します。その状態を促す体内の物質は、環状グアノシン一リン酸と言います。この物質は、主に陰部などの血管を大きく拡げるようはたらきかけます。

陰茎の海綿体にある細胞の内側には、この物質が増やされることで血管が大きく拡がり勃起しやすくなりますが、そのままの状態が続くと勃起をし続けることになるので、性行為や性的な興奮、刺激をおさめたり、落ち着かせることも必要です。その役わりが、ホスホジエステラーゼ5(PDE-5)という酵素です。

この酵素は、勃起するのために血管が大きく拡がるはたらきかけを分解させる力がありますが、増えすぎた状態も考えられます。勃起するにあたって必要で不可欠な物質ですが、過剰に分解されてしまうと、勃起することが困難になったり、障害を起こす危険が出てきます。

危険をできるだけ避けるためには、この酵素をはたらきかけを弱める効き目が必要になります。ED薬は、ホスホジエステラーゼ5の阻害薬とも言われます。身体の内側からの陰部の血管の広がりおさめたり、落ち着かせないようはたらきかけます。ED薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスの成分は、どれも同じこの酵素を弱める効き目があるので、EDで悩む場合にお勧めします。

レビトラの効果

レビトラの効果

レビトラは、バイアグラやシアリスと同じ勃起のサポートが主な働きです。世界的にかなりの知名度があるバイアグラは、ED薬の第1号として販売されましたが、レビトラは2番目に販売されました。バイアグラは、食事の影響を受けるデメリットが大きいとされています。

性行為の前に食事を取ると、効き目が弱まったり、脂っこい食べものやお酒でもアルコール度数が高いもの、大量に飲酒した場合、効き目がない恐れもあるほど、食事の影響を大きく受けます。人気があるため、そういった口コミが広まり、改良を重ねて登場したED薬がレビトラです。バイアグラと異なり食事の影響を受けにくいです。ただ全く影響がないわけではなく、標準的な食事の影響がないと表示されています。一般的な成人男性が摂取する食事のカロリー(800カロリー)までは問題ないです。

レビトラの効果は、バイアグラの効果と同じ、成分のバルデナフィルが、勃起するため必要な物質を分解する酵素を弱めるはたらきかけをします。バイアグラと成分が違いますが、食事の影響を受けにくい点が一歩前に出ています。効き目の時間の長さは、およそ5時間~10時間です。服用する方法は、性行為の30分ほど前に水やぬるま湯を服用します。レビトラは即効性が特徴で、服用して早ければ15分で効果があります。急な時でも対応が可能です。

レビトラの購入方法

レビトラの購入方法

レビトラを入手する方法は、大きく2つになります。EDの治療薬ということもあるので、専門の病院などの医師に処方される方法と個人輸入やその代行業者が運営している通販サイトから入手する方法です。主に個人輸入やその代行業者が管理する通販サイトから入手する方法は、日本だけでなく海外のEDの治療薬やそのジェネリック医薬品を試してみたい方に向いています。

個人輸入やその代行業者が運営する通販サイトは、自宅にいながら、一般的な通販サイトと同じ方法であり、手間もなく簡単で手軽に利用することができ大変便利になっています。特に、海外の医薬品を購入するための手続きや何か直接業者と話したりする必要もなく、言葉や法律的な難しいこともありません。

通販で購入方法の詳細はこちら

レビトラの副作用

レビトラの副作用

レビトラは、大きな副作用は、ほとんど起こらないと言われていますが、残念ながら軽い症状は、どんな方にでも起こります。レビトラの効き目は、基本的には血管を大きく拡げるはたらきかけをするため、全身の血液の循環が促進します。そのため、ほてり、頭痛、紅潮などは服用した場合、ほとんどの方に起こり回避することは難しいとされます。個人によって差がありますが、動悸、鼻づまり、胸焼け、下痢、胃のムカつきなども報告があります。

柑橘系フルーツとの相性が悪く、グレープフルーツ、オレンジなどを食べたり飲んだりした場合、その中に含まれる成分のフラノクマリン酸がレビトラの成分の分解を遅らせるため、効き目を感じるまでに時間を要しますので、服用の際は避けるべきです。軽い症状でも副作用には変わりがないのでしっかり受け入れて、割り切って服用する必要があります。レビトラは、他のED治療薬よりも使い勝手も良く、効き目も早く即効性があるため、多くの男性から愛用されて人気の高い薬ですので、ED薬をお探しの方にお勧めです。

レビトラの併用禁忌薬

レビトラの併用禁忌薬

バイアグラやレビトラ、シアリスなどEDの治療薬は、服用する際に気を付けなければならないことがあり、他の病気などで服用している薬と相性が悪い場合があります。それぞれの薬が相性が悪いため、思わぬ副作用を招き、健康を著しく害する恐れがあるので、注意する必要があります。

併用できない禁忌薬は、ニトログリセリンなどの硝酸剤です。ニトログリセリンは、もともと狭心症や心筋梗塞の発作などを抑える薬です。ED薬と同じ血管を拡げるはたらきかけをするので併用した場合、血圧が下がりすぎてしまう恐れがあり、命を落とした事例もあるので慎重になる必要があります。塩酸アミオダロンという不整脈などの循環器系の疾患に使う薬はアンカロン錠とも呼ばれ、EDの治療薬と併用すると脈拍が異常に大きくなる恐れがあり、併用すれば、失神をともなう発作が起こる恐れもありますので、ED薬と併用できません。

他にも網膜色素変性症という視野がどんどん狭くなったり、暗いところでよく見えなくなったりする網膜の異常です。遺伝的な要因がある、視力が低下する病気ですが、ED薬と併用した場合、症状をより悪化させた事例があるので、併用はできないと指摘されています。

レビトラの値段

レビトラの値段

通販サイトは、価格の安さが魅力です。日本の国内の病院で処方された場合と比べると、価格の差に愕然とします。各病院にもよりますが、ほとんどは1500円前後で処方されます。通販サイトからの入手することを考えれる場合、新薬でも最低でも何%の割引があり、ジェネリック 医薬品の場合では、ものによっては半額以下の価格もあるほどです。さらに、海外の薬が販売されていますので、日本の国内ではまだ入手できない薬が手に入ったりします。レビトラの場合、1錠あたり1,200円~1,500円となります。

バリフ(レビトラジェネリック)

バリフ(レビトラジェネリック)

レビトラにはたくさんのジェネリックがありますが、特に人気なのがバリフです。効果はレビトラと同じですが、価格が200円以下になります。錠剤だけでなくゼリータイプなどもあるので、錠剤が苦手な方はゼリータイプもお勧めです。ゼリータイプは水なしで服用する事もできます。ただし錠剤もゼリータイプも日本では販売されていません。購入するには通販を利用しましょう。

バリフの詳細はこちら

バリフ