レビトラ
レビトラ
ED薬の購入方法
バリフ
バイアグラ
EDについて

ED(勃起不全)の症状・原因・改善方法

ED(勃起不全)の症状

ED(勃起不全)の症状

EDは完全に勃起しない状態だけではありません。途中で萎えてしまう、十分な硬さにならない、持続時間が短い、なども含まれ、十分な勃起を得られないために満足な性行為ができない状態の事を指します。また、妻だけEDや排卵日EDなど、特定の相手や状況だけでEDになってしまう場合もあります。

日本の成人男性の4人に1人がEDと言われています。かつては加齢が大きな原因と考えられていましたが、最近は様々なストレスなどで若い男性もj発症していて、誰がいつなってもおかしくない病気です。少しでも気になる点があれば、早めに対処する事が大切です。

ED(勃起不全)の原因

ED(勃起不全)の原因

EDは心配事やストレスなどさまざな原因で起こります。その原因は、大きく4つになります。比較的に若年層に多い原因で、主に心理的な何かの影響を受けて陥ります。例えば、普段何気なくできたことができなくなったときのショックや迷い、あせりから自分ではどうにもならなくなります。過度のストレスやプレッシャー、精神的な原因に対しての気持ちをケアしたり、理解してもらったりすることで解消し改善を図ることが大切な治療です。

次に身体的な機能に何らかの障害や異常がみられる事が原因で陥ります。主に事故やケガなどで神経や血管に障害がおこり、その傷の大きさによって個人的な症状もそれぞれですが、他の原因と比べると回復は困難です。どの世代にも言えることですので、医師からの適切な指示のもとに治療する必要があります。それ以外に、肥満が原因で新陳代謝や内臓の脂肪が増加したり、動脈硬化で血行の不良が起こったりしても起こると考えられています。その場合、適度な運動の中でも有酸素運動を積極的に行うことで改善につながります。運動を取り入れて血行促進を促し、代謝もあげます。

3つ目は服用している薬の副作用が原因で陥る症状もあります。その割合は極めて少なくED全体の5%にも満たない数値となっており、年齢を重ねて起こったり、生活の習慣が不規則なため起こったり、精神的な病で起こったりする場合には、判断できないこともありますので、医師によく相談したうえで薬の投与を見直して改善します。

最後にこれまでにあげたEDに陥る原因が複数絡んで起きる場合もあります。よく多いと言われるのが何らかの心理的な影響と身体的な機能に障害や異常があって陥るケースです。糖尿病などの方が多いと言われています。

ED(勃起不全)の改善方法

ED(勃起不全)の改善方法

EDは食生活をもう一度見直せば、改善につながることもあり、特に注目されている食材は、うなぎ、大豆、牡蠣、レバー、ごま、そばを使った料理がEDの症状の回復に良いとされており勧められています。このいくつかの食品の中に共通して亜鉛という成分が多く含まれます。

亜鉛は、ホルモンを通常の通りに整えて身体のバランスを保たせます。さらに免疫力も強化されます。抗酸化作用も高いので老化の防止にもなるといわれ、積極的に身体に良い食材を取り入れることが推奨されています。1日に15mgが必要な摂取量とされていますが、季節によってはムラが出ますが意識することが重要です。

日本人の食生活は、欧米などの食生活に比べとても亜鉛を摂取する環境が整っているため、その機会が多く、EDで悩んでいるならば、改善の方向につながりやすいですが、必要以上に過剰に摂取すると、逆に身体には良くなく害を及ぼします。目安になっている摂取量をできるだけ守ることが大切です。

他にも改善につながる食材には、ビタミンB群が多いネバネバする食べ物が良いとされます。納豆、オクラ、とろろ、モロヘイヤの成分はたんぱく質の吸収が促進できたり、粘膜の保護などをしたりします。

食生活を変える事でEDの改善も期待できますが、時間がかりますし、確実ではありません。確実に早くEDを改善したいという方はレビトラなどED薬を利用するのが簡単でお勧めです。